暮らしの備忘録 ~中学受験と文房具と。

塾なし中学受験の記録と文房具に関する私見。

6年生のこの時期だからこそ、手帳で「逆算力」を養おう! ~塾なし中学受験回想録8

管理用・ping

お題「手帳」
f:id:escargot8:20180930213131j:plain

読者登録はここをクリック


いよいよ10月も半ばになりました。
ここから先は、あれよあれよという間に時間が過ぎていきますから、時間を有効的に活用したいところですが、焦れば焦るほど無駄な時間が増えるばかりで、もどかしいことが多いと思います。


今日は、手帳で逆算力を養うことによって、学習効率が大幅にアップした話を書いてみたいと思います。

計画≒逆算

皆さんは、新しい手帳を購入したら、真っ先に何を書き込みますか?
恐らく多くの方が、「長期的な計画」を書き込むと思うのですが、その際必要になってくるのが「逆算力」です。

受験勉強との関係

受験勉強とは、
受験日に間に合わせる
志望校の合格点を取る
この2点が目標となりますから、ここからはいかに無駄を省いて効率よく学習するかということが鍵になります。

資格試験や大学受験との最大の違いは、チャンスが一度しかない(来年がない)ことで、これは12歳の子供にとって相当なストレスになるはずです。

合格手帳(逆算手帳)

そこで、我が家では逆算手帳を導入しました。

これまでは、通信教育+αという分量を淡々とマイペースにこなしていましたので、何も考えずに進めることができたのですが、その現状に、
・過去問演習
・解き直し
・弱点補強
がプラスされることを考えると、日々の「ToDo管理」程度では追いつかないかもしれないと考えたからです。

はじめは、余計な作業が増えるだけなのではないか・・・とかなり不安に感じていましたが、
その効果は絶大でした!

できるだけ早い段階から手帳を渡し、「逆算して物事を考える習慣」を身につけることをおすすめします。*1

フィードバックを忘れずに

ここで注意しなければならないのは、手帳はときに手段が目的となりがち、ということです。
(子供には計画倒れという認識があまりない。)

予定通りに進まなかった日は、そのことを悔いたり嘆いたりするだけで終わらせないために、ざっくりとフローチャートを作成しておくと、子供にも分かりやすいと思います。


1.予定通りに進まなかった場合
その原因を考え、避けられない要因かどうかを判断し、
 (i)避けられない要因
であれば、そもそもその計画に無理があるということなので、計画を立て直す。
(→ここは慣れるまでは親の役割)
 (ii)避けられる要因
であれば、改善方法を考え、メモしておく。

2.予定通りに進んだ場合
その理由を考え、メモしておく。

完璧を目指さない

いきなり高度なPDCAを目標にすると挫折する可能性が大きいですから、最初はゆる~く、できる範囲で取り組むことが大切です。

「そんな暇はない」という意見もあるかも知れませんが、もしも今、日々の作業をこなすだけで精いっぱいといった状況に陥っているならば、意外なほど効果が上がりますので、ぜひ試してみることをおすすめします。

最後に

「6年生のこの時期にあまりうまく回っていないなら、"何か"を変えなければ何も変わりません。」
これは、学習コンサルタントの先生の言葉です。
まずは、有限である時間の使い方を見直してみませんか?


escargot8.hatenadiary.com


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

∇こちらも参考にしてください。
・中学受験ブログランキング

*1:この作業が激しく苦痛になる場合もありますから、お子さんとよく話し合ってみてくださいね。